シノサキ、その先

シノサキの日記のようなもの。

Yahoo! JAPANカードでTポイントを貯める。「普通の人がクレジットカードを活用するために(Yahoo! JAPANカード編)」

どうも、こんにちは。シノサキです。
さっそくクレジットカード話を更新できるとは、調子が良い。

今回は、僕がメインのカードとして使用している「Yahoo! JAPANカード」の紹介です。
個人的にカードを選ぶ時のチェックポイント、という観点でやっていきます。

 

Yahoo! JAPANカード」
Tポイントがたまる年会費無料クレジットカード-Yahoo! JAPANカード

 f:id:shinosaki:20161030234756j:plain

  

普通の人ですから、もちろん年会費無料がいい

年会費永年無料、というのはもはや前提条件。
クレジットカードのヘビーユーザー(日常生活での利用以外でもたくさんたくさんカードを使えるような高貴な身分の方)でなければ、高い年会費を払ってまで素晴らしい特典を受けることはないのではないかと。


年会費と自分が享受するお得感を天秤にかけて、それが見合っているかどうか考えますよね。元を取る、という主婦根性その1。
生活上のお金を決済するくらいなら、年会費無料のカードで十分、というかそれがイチバンです。

 

たまるポイントはTポイント

このカードを使うなら、やはりTポイントユーザーであるほうがお得感があるはずです。

Tポイントは共通ポイントの中でも、使える・貯まる店が多いです。元祖ですし。ノーマルなTポイントカードなど持っている方もずいぶんいるのではないでしょうか。

Yahoo!のサービスを使う方なら、よりポイントが貯まりますし、貯まったポイントを街のファミマ・ドラックストア・スーパー・飲食店などで使えます。
1P=1円から使えるという、使いやすいTポイントが貯まるクレジットカードであります。

当然のごとくTカード機能つきですので、Tカードを別に持つ必要がありません。
TSUTAYAのレンタルサービスを追加することもできますし、Yahoo! JAPAN IDを使って旧TカードのポイントをYahoo! JAPANカードに移行することもできます。

Tポイントユーザーにはなかなか魅力的ではないかと。思います。

 

気になる還元率は1.0%

クレジットカードを選ぶ時には、やっぱり還元率は気になります。
というか、クレジットという決済方法の利用のためだけにカードを持っている人ってそんなにいませんよね、きっと。よほどの金持ちか。
一般人としては、クレジットカードを使うメリットのひとつが還元率だと思います。むしろ僕なんてそれがメインディッシュ。

Yahoo! JAPANカードの還元率は通常1.0%です。
100円につき1Tポイントです。

月末までの利用分の1%のTポイントが翌月15日頃にもらえます。
利用残高に対して1%ではなく、一度に利用した金額(税込)100円につき1%のはずです。

年会費無料のカードとしては、1.0%は上等です。単純計算で0.5%のカードよりも倍のスピードでポイントが貯まるので。

 

Yahoo!ショッピング・LOHACOではポイント3倍

Yahoo!ショッピングの魅力は個人的にはそこまでではないのですが。Amazon楽天のほうが良かったりもします。でも、Yahoo! JAPANカードユーザーにとってはメリットもあるので、よく比較して買うようにしています。めったにお買い物しないけれど。

LOHACOは便利で、商品も個人的に気に入っているので定期的に利用しています。
日用品通販ではけっこう使えるやつなのではないかと。そのうち紹介するかもしれません。

これらを使う人にはけっこう良い特典です。
ちなみに、Yahoo!でポイント5倍キャンペーン、みたいなのをよくやっていますが、そういう場合に追加でもらえるポイントは「期間固定Tポイント」という、通常のポイントではない場合もあるのでちょっと注意が必要です。
「期間固定Tポイント」はLOHACOやYahoo!のサービスでは使えますが、Yahoo!ショッピングや実店舗では使えません。

 

JCBブランドなら、nanacoへのチャージも1.0%のポイント付与

セブン・イレブンなどで利用できる電子マネーnanacoへのクレジットチャージもポイント付与の対象です。
もうすでにやっている方も多いかもしれませんが、電子マネーへのチャージは現金ではなくクレジットカードで行うのがお得です。

nanacoにチャージする場合、Yahoo! JAPANカードは普段の利用と同じく1.0%のTポイントが付きます。そしてnanacoも還元率1.0%ですので、セブンイレブンイトーヨーカドーなどで利用すれば100円(税抜)につき1Pのnanacoポイントがつきます。
nanacoポイントは1P=1円で電子マネーnanacoに交換できます。

つまり、Yahoo! JAPANカードで5000円分nanacoチャージして使った場合、
(nanacoクレジットチャージは、5000円以上・1000円単位)

5000円×1.0%=50Tポイント
5000円×1.0%=50nanacoポイント(使い方によるので、あくまでも計算上最大は)

となり、ポイントの二重取りによって実質還元率2.0%となります。

 

税金の支払いもnanacoで、間接的にクレジット払い

コンビニ払いの税金等は、クレジット払いはできませんがnanacoなら支払い可能です。

税金の支払いではnanacoポイントは付きませんが、Yahoo! JAPANカードでクレジットチャージしたnanacoで支払えば、1.0%のTポイントは獲得できます。
現金でそのまま支払ってしまうともったいないですよね。

 

Yahoo! JAPANカードの国際ブランドは、JCB・VISA・MastarCardから選べますが、nanacoへのチャージとポイント付与はJCBブランドのみですので、nanacoと合わせて活用したい方は注意してください。

ちなみにMasterCardブランドの場合、au WALLETにチャージが可能で、ポイント付与もされます。僕はau WALLETは使用していないので、いちおう参考までに。

 

 

普通に使う分で気にすべきはこれくらいでしょうか。
あとは、いろいろと思ったことを。

 

秒速の審査スピード

クレジットカードの申し込みは、ネットからでもいろいろ入力することがあって少し面倒ですが。

それと、審査通るか心配、という方もいると思います。
僕もちょっと心配だったのですが、もう拍子抜けするくらいのスピードで審査が終了しました。
いろいろ面倒だなぁ、と思いながら入力を済ませ申し込み、やっと終わった、と思っているうちにメールが。一人で「はやっ」とびっくりしていました。

最短2分で、と謳っているだけはあります。
タイミングや内容にもよるようですが、僕の時は2分もかかっていなかったような気がします。

入力された項目を機械的にチェックして、一定の基準をクリアしていれば審査終了、というシステムのようです。とにかく早かった。
詳しい基準はもちろんわかりませんが、一人暮らしで借金がなくて、贅沢はできないが普通の生活はできます、くらいの収入では通りました。

利用可能枠は少額から?

審査基準が比較的甘いからでしょうか、利用可能枠は少な目でした。
それとも単純に、僕の収入がその程度ということでしょうか。

しかし、同じ状況で申し込みをした他のクレジットカードと比較してもYahoo! JAPANカードは枠が少ないのです。
入会から6ヶ月すれば、ネットの会員サービスのほうから増枠の申し込みができるそうなのですが。

ちなみに、枠は10万円でした。

Yahoo! JAPANカードをメインカードにして、カード払いできるものはほとんどカードで払っているので、10万では少々心もとない。
限度額ぎりぎりまでいってしまったら、やむをえず他のカードを使い、Yahoo! JAPANカードは引き落とし日を待たず、明細確定後すぐに振り込みによって支払いを済ませています。

 

月末締め、翌月27日支払い

給料日直後の支払いでないと口座の残高が不安になってくる方もいるかもしれません。
その点は、よくある支払いスケジュールなので安心ではないかと。

僕の場合、買い物にカードを使うというよりは、日常生活の支払いをカードでしているので、残高不足になるような事態が起きたら、それはもう赤字になっているということですが。お買い物なんてほとんどしません、余裕もございません。


実際のところ、カードだと今現在お金がなくても買えてしまうので、使いすぎるタイプの人がカードを使うのは不安、というのはよく聞きます。
でもそんな方は、使い方を変えましょう。

その時、現金でも買えるものの決済方法にカードを使ってください。
先延ばしのためのクレジットカード、はお金が減るばかりです。基本は1回払い、どうしても買いたい物は手数料のかからない2回払いで払える範囲で。
分割払いやリボ払いを先延ばしのために使うと、大変なことになりかねませんので。

 

というお説教くさいことは蛇足でした。

あくまでも僕のような「普通の人」向けのお話ですので。
いえ、お金持ちでもなんでもない「普通の人」だからこそ気をつけなければならないのですが。といっても、生活の仕方は人それぞれ。

ご利用は計画的に。

 

以上、「Yahoo! JAPANカード」編でした。
入会を考えている方にとって少しでも参考になれば。