シノサキ、その先

シノサキの日記のようなもの。

ハロウィン陰謀説。

どうも、こんにちは。シノサキです。
いつの間にかもう10月も終わりに近づいてきましたが。

季節の変化に気持ちが追いついていないのはもはや毎年のことです。
服装も追いついてなくて、最近はだいたい帰りに寒い思いをしています。実はもうすぐ厚手の上着の季節なんでしょうか…?
今日は厚めのシャツで来たけど、乗り切れるだろうか…。
季節感のない人間だという自負があります。

もうすぐハロウィン。
季節感のない僕にとってハロウィンって、10/31にやるものなんだなぁ、とようやく認識してきたのですが。
街のあちこちで例のカボチャのやつや、ポップな悪魔的なデザインのものやら、なんかオレンジと黒と紫っぽいカラーを目にします。

でもハロウィンって、ちょっと前までそんなメジャーなイベントだったのかなって思います。
子供の頃は、外国のどこかでそういうお祭りがあって、くらいに思ってました。
高校の時だったか、友人に
「とりっくおあとりーと!」
とか急に言われて、ハロウィンの話だと気づくまでに数秒かかった記憶があります。
ただ単に、僕の故郷が田舎すぎてハロウィンなるイベントがマイナーすぎただけなのでしょうか。

僕としては未だに、ハロウィンとはバレンタイン的な商業的な陰謀なのでは、と感じている今日この頃なのであります。