読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シノサキ、その先

シノサキの日記のようなもの。

ご利益、一口一円也。

どうも、あけましておめでとうございます。シノサキです。

昨年はあまりお世話になれませんでしたので、今年こそは。よろしくお願いします。

 

三ヶ日もあっというまに終わってしまって、今日から通常運転。日常の再開。

まだお休みの人も多いようです。今朝は電車がとても空いていました。ありがたい。

 

かなり私事ですが、年末はひどい風邪をひいて寝込んでいたので、知らぬ間に年末年始に突入してしまいました。

こんなに熱が引かないことは今までなかった、っていうくらい熱で寝込んでいました。まぁ寝込んだといっても、さっぱり動けなくなるような体質ではないので、ごろごろとアニメなんかを見ていました。

 

そんなこんなで、まだ熱が収まらぬままに2016年は終え、元旦あたりにようやく熱が下がって。

厄年が最後の最後に来たのでしょうか。なかなかにひどい年越しで。実家のご馳走も食べ損ねて残念です。

 

2日は、ちょっとコンビニまで出かけたついでに近くのお寺へ立ち寄りました。

初詣なんてそんなたいそうなものじゃありません。近くにちょっと名の知れたお寺があったから、というだけで。

 

お寺か神社かも特に関係なくて。有名といっても、参拝客で溢れるほどではないですし。人いっぱいだったらそもそも寄らないです。

コンビニで、大して興味もないけど雑誌コーナーの前に立ってみる、くらいのついでです。

 

お賽銭箱の前で財布を開きました。

小銭は500円、100円、50円、1円が2枚。

なんと、5円がないじゃないですか。

 

お賽銭は5円と相場が決まってる。

1円じゃ心もとないし、かといってケチな僕としては神頼みなんかにあまりお金を出したくない。

日頃あまり現金を使わない生活をしているので、あいにく小銭は意外に少ないのでした。

 

5円の上位互換的な側面がありそうな50円にすべきか、5の仲間なのに穴の開いていない謎の500円様…はちょっと惜しい。

縁起や金額の意味なんて関係ないのです。ただの自己満足なので。

でもどうせ50円以上出すなら、せっかくだし100円くらい出しておくか。多いほうがご利益大きそうだし、と。

 

お賽銭なんて気持ち、だけど少なすぎるのも、とか、多いほうが、なんて思ってしまうこともあるんじゃないでしょうか。人間だもの…。

少なくとも僕は、思います。一口一円、地獄の沙汰も金次第。

大金持ちならお金ではなく「徳」を積むべしというところでも、金なしの僕は、金を払って「得」をくれと。お金でなんとかなって欲しい気持ちもあるし。

 

そんなわけで、100円を投げてきました。

「 今年は100円払ったんだから、いつもより100倍良い年に」

 

と、早速に雑念を募らせて参りました。

 

せっかく年末に鐘ついて祓われたのに。

今年は、例年行かない年始のお参りなんて行ってそんなこと考えたものだから、去年より煩悩は少なくともひとつ多いのです。今年の年末はきっと、どうにも108回じゃ足りない。

 

でも、ちょっと待って、例年お賽銭0円0口ということは。

今年100倍良い年になったって、0×100=0ってこと。もう未来永劫、僕のご利益査定は0円のままかもしれない。

 

これが日頃の行いってやつか。

 

 

「朝コンビ」とはなんぞや。

どうも、こんにちは。シノサキです。

 

僕は手帳を持っていて、日記や家計簿なんかをつけています。という話は、たしか以前しましたが。

毎日は書いてなくても、毎ページ何かしら書いています。何日か空いたら、書いた当日の日付つきで、3日前のことを書いたりしています。

 

毎日決まって書くことが、その日に使ったお金の出費リスト。それと、いつもと違う予定があった日ならその用事を。

基本的に大した用事がない人間なので、たまにしかないんですが。「布団 粗大ゴミ」とか、どうでもいいことを書いてます。

 

そして出費リストは「松屋 520」といった具合です。

はい、プレミアム牛めし大盛です。ちなみに一時期は熱狂的な松屋ユーザーでした。まつらーでした。

 

家計簿アプリ「Money Forward」も使っているのですが、そちらを見ながら一つ一つ転記するという二度手間のようなことを日々やっております。

アプリのほうはお金の管理、家計簿としての役割ですが、手帳のほうはまぁ、備忘録という感じで。

けっこうアナログ信者的な側面もあるので、データで済ませるよりも紙媒体に残すということに、ちょっとした満足感を味わったりもします。今日はよくお金使ったなぁ、みたいなことを思いつつ。

 

検索はできないけれど、ダイレクトにアクセスできるのって、アナログの良いところだと思います。ペラペラ手帳をめくれば簡単に照会できます。読み込まないとか、そういうトラブルもないですし。

まぁ、手帳を見返すことってめったにないんですが。アナログはアナログでいいよなーっていう、そういう話です。

 

手帳にものを書くとき、できるだけ詳細な情報を、簡潔に書くよう心がけます。

(もしも)あとで見たとしても、どういうお金の使い方をしたかわかるように。それとスペースも限られてますし。

略しつつ、しっかり書きます。

 

例えば、「朝コンビ」。

まぁこれならなんとなくわかりそうですが。「朝コン」の時もあって。そのさじ加減は気分によってとか、狭いスペースに書いてるのでその余白によって。

 

「朝コン」っていうと、合コン、街コン的なやつみたい。朝活の一部?

みたいな感じですが、「朝コンビ」「朝コン」は、「朝食コンビニ」というわけです。 出勤前に朝食をコンビニで買っていきました、ということです。

単純に「コンビニ」とか具体的に「朝セブン」とか書くこともあるので、絶対的な決まりになってないのがなんとも。几帳面なのか、粗雑なのか。でも、それも含めてその時の気持ちを書いてるのかなぁという前向きな考えで。

 

とりあえず、できるだけ細かいとこまでわかるような書き方を心がけています。

後で見てもわかるように。

先日も「朝コンビ」と書きながら、ふと思い出すことがあって。

 

僕のおばあさんが謎の言語センスの持ち主で、そういえばコンビニのことを「コンビ」と略してたなぁ、と。

そこまでいったら「コンビニ」でいいんじゃないかと、幼い僕は思っていました。

しかし血は受け継がれるもので。

「コンビ」と言わざるをえない時だってあるじゃないか。

「頭いい」ってなんだ。僕のCPUは。

どうも、ご無沙汰してます。シノサキです。

少し前よりも時間に余裕がある生活をしているはずなのですが、そうするとまた何か他のことをしたりして、結局のところ毎日はやはりすごいスピードで過ぎていくのでした。

 

さて、12月もまもなく真ん中あたりまで来てしまいましたが、この時期になるともうそろそろ年末ムードになってきます。
年末の追い込み、みたいな頑張りをしている人もいるでしょうし、まもなく忘年会シーズンもピークでしょうか。居酒屋は大忙しでしょう。


クリスマスもやってきますし、冷たい空気の中でイルミネーションの小さな光の粒もちろちろと燃えていたり。

今年も終わるなぁと思うと、なんだかため息に似た感情が、はぁと口から漏れてしまうような。


そんな中、ほんのちょっとだけ忙しく仕事をしていたら思うことがありました。

 

「頭がいい」ってなんだろう、と。

 

僕はあまり頭の回転がよくないという自覚があります。
ばしばしと要領よく色々片付けていくのはそんなに得意じゃなくて。仕事のみならず、いろいろ。
逆に、じっくり考えるのはわりと得意だと思っています。どちらかというと、ひとつのことを深めていくほうが向いているというか。

 

とはいえ、よほどの芸術家でもない限り、時間の制約というものはついて回るもので。
ある程度の時間や環境の制約のなかで、ある程度のクオリティは維持しつつ、ぱっぱぱっぱと進めることが必要な場面も多いはず。淡々とこなしていくスタイル。

そういう時に、「頭がいい」ってなんだろう、と思うのでした。


僕はPCでいったら、CPUがしょぼいんだろうな、きっと。

メモリも小さくて。
ついさっきまでやろうとしていたこと忘れるし。それに心配性なのも重なって、6桁の数字を一瞬記憶する時に3桁と3桁に分けてしまうほどだし、一度チェックしたところを何度も見直してしまったりとか。
もはやメモリが通常ならGBのところ、僕はMB単位なんじゃないかと思うことがある。脳の老化テストみたいなのやったら、いったい何歳判定になるんでしょう。

 

だから、ばしばしと小さな判断・決断を繰り返して進めるようなものは苦手。
訓練で多少は変わるだろうけれど、適正はあまりないと思うのです。
昔から算数苦手だったし。理解はできるし、問題は解けてもテストは終わらない。
とても雑な言い方をすれば、つまり基本的に考えるのがのろい、のです。

 

さくさく進めたい時、同じ質だったら速いほうが良いのは間違いない。
少しクオリティが良かったとしても、求められているのがスピードなら、クオリティを重視するのはお門違いというか。
基本的に考え込む質の人間は、そのへんのバランスを取るのが苦手な気がします。
うっかり考え込んでしまうから。


丁寧なのはたいがい悪いことではないけれど、急いでる時にばか真面目にやりすぎるのは良いこととは言えない。

 

僕のCPUはしばしばフリーズしながら、唸りを上げる次第あります。

気づけば12月で。

どうも、ご無沙汰しております。シノサキです。


なんだか一日一日、更新が空いてしまうごとに、よけいにハードルが上がっていくような気がして。


とりあえずで済ませるのも気が引けるし、でも放置すればするほど次の一回に対するプレッシャーが重くなってしまったのでした。

忙しいわけではなかったのですが、心の余裕がないような気持ちで。いつのまにか12月がやってきてしまったのです。今年ももうすぐ終わってしまいますね。

 

秋が深まっていると思っていたら、もう冬です。相変わらず季節の変化に気持ちがついていかない。

 

そんな感じで。
とりあえず、また頑張っていきたいという意気込みの表れ。

心配することしかできなくて。

日記

災害はいつ来るかわかりません。

 

大変だったことも、人間、自分のこと以外は簡単に忘れがちになってしまう。

記憶はしているけれど、なんだか段々とリアリティが薄れていくような、自分にはあまり関係ないような気になってくる。

 

仕方ないことではあるけれど、そんな忘れかけている頃にまた危機がやってくる。

地震とか津波とか、いつくるかもわからないけれど、普段は普段通りの生活をしているもので。

でも、今それが崩れそうになっている人たちがいます。

日常が壊れるのは恐ろしいものです。

 

僕は東日本大震災同時は宮城にいて、幸い僕の周りは重大な被害には合わなかったけれど、親戚や知人のところは大変なことになった。

そんな災害がまた起きるのは嫌です。

命だけは、絶対に。

何もできない。何もできないんだけれど、心配している。もし力になれることがあれば、何かしたいとは思います。

 

だから、とにかくご無事で。

福島や太平洋沿岸の方々、気をつけてください。今はただ祈っています。

杞憂に終われば、それはそれで、それがいちばんいい。

 

手帳の使い方に困った結果。

日記

 

どうも、こんにちは。シノサキです。

 

僕がブログを始めたのは最近のことですが、ブログの用途って人それぞれだと思うのです。当然のことですけれど。

世の中に自分の考えなどを発信している人も多いでしょうし、ビジネスのひとつとしてやっている人もいます。人によってはブログを通して知らない人と交流したり。

いろんな意味をもって、たくさんの人が利用しているブログ。

 

このブログは基本的に日記というか雑記というか。
思ったことを書いたりしているわけですが、誰か読み手がいることを前提に書いています。個人的なことや何か気になったことがほとんどですが、書くからには誰かに見てほしい気持ちでやっています。

できれば人に見てもらいたいけどあんまり見てる人は少ない、でも普通の日記的にブログをつけている、という人もけっこういると思うのです。
僕もそのうちの一人ですし。

 

そんなブログを始めたのは最近ですが、僕はもっと前から日記をつけていました。
もちろん今も続けています。

同じことを書いたとしても、日記と日記ブログは違うと思うのです。
ブログは読者がいるはずで。(アクセス0ならいないのと同じだが、公開する設定なら誰かが読む可能性がある。)
でも普通の日記の読者は自分で。

公開しない設定で、デジタル媒体の日記帳としてブログ使っている人もいるかもしれませんが。それはつまり自分しか見ないから、ブログではなく日記です。

小学生の日記とかなら、自分のためというわけではないけれど、大人の書く日記はたいてい自分のためであり、自分だけのものであることが多いと思います。

誰に見せるわけでなくても、自分で見返すこともほぼなくても、日記を書くという文化は昔からあります。今もやっている人もたくさんいると思います。

 

僕は手帳に日記をつけています。
というか、手帳の用途が日記・備忘録・家計簿という感じ。

2年半前に買った「ほぼ日手帳」のカバー。もちろん中身は3冊目の2016年度です。

 f:id:shinosaki:20161108215757j:plain

我ながらちょっと変わった趣味をしているなぁとは思いつつ。

ほぼ日手帳は人気あるので、中身も(しばらくは間違いなく)毎年買えるし。
以前は、デザインを気に入って買った手帳が基本的に一年ぽっきり用というか。

毎年同じシリーズがが出て見つけられるとは限らず。
一応中身を変えられるものでもカバーは大したことなかったり、そもそも中身だけ売ってるの見たことないようなものだったり。

毎年違う仕様のものを使うのも、慣れるまで時間がかかる。

そんなわけで、ほぼ日手帳は僕にとって使い勝手のよいアイテムでした。
1日1ページの容量がちょうどよく、ページもシンプルで、日付くらいがあれば十分な僕にとってはジャストフィット。

 

高校時代にも日記をつけようとしていたのですが、その時は

「たくさん書くし、日付かけばノートでも十分に日記になるから手帳はいらない」

と思っていて、小さめのノートに日付手書きでやったりもしていました。
しかし、あんまり続きませんでした。

ただのノートという体裁がそもそも悪かった。
愛着もわかなければ、一年で埋まる、という達成感もない。スペースに際限がないのもよろしくなかった。
まぁ、そもそも大して書くことなんてなかったのが第一の原因ですが。

今でもそんな、毎日毎日書くことがあるわけでもないのだけれど。
その頃よりも一日一日を大切にしたい、と考えるようになったのだと思います。多少は。浪費してしまう日常もそれはそれで自分の一日ですし。

 

手帳の使い方は人それぞれで、スケジュール管理メインで使う人もいるでしょうし、ダイアリーとしての役割がほとんどの人もいるはずです。

僕はもともと「手帳=スケジュール管理」というイメージがあって、でも悲しきかな、そんなに予定ある人間ではないし…と思っていました。
日記的な使い方をするという考えがあまりなくて。

普通の手帳(予定+フリースペースみたいな)を、おもにスケジュール管理用に使っていたのですが、まぁ正直あまり使う機会がなくて。学生時代のことです。

ほとんど予定なくて空白ばっかりだし、家計簿でもつけようかと。
家計簿つけたい、主婦根性(貧乏根性)あふれる学生でした。

家計簿というか支出リストです。それも毎日は続かなかったのですけれど。きちんとやる月があって、途中で諦める月があって、また月初めからスタートして。まばらだから家計簿としてまとめることもできません。

 

でも出費について、たまに感想なんかを書いたりしました。

「薬用品1100←アイボン。目玉とり出して洗いたい」

とか。花粉の季節のことです。

 

そんな使い方が続いているうちに、手帳はスケジュール管理のグッズではなく、備忘録のようなものになりました。
そこからさらに文章を普通に書くようになって、最終的に日記として手帳を使うようになりました。

そして2年半ほど前、2014年の春にほぼ日手帳を使い始めて、これは良い、と思って今現在も愛用しています。

当初はまだ、たまに空白期間があって、毎日何かしら書いているのは1年半くらいです。
今も毎日欠かさずやっているわけではなく、3日くらい遡って書くこともありますが、毎日埋まっています。

もう手帳はスケジュール管理の役割がほとんどないので、いつも持ち歩くわけではありません。
家に置いてあったり、外で開く時間がありそうなら持ち出したり。

いろいろなことを書いているので、あんまり人前には晒したくないというのもあります。まぁ、自分用の日記帳ですので。

 

今思えばですが、手帳の使い方がわかってきたのは最近なんだなぁと。
わかってきたというか、自分なりの使い方を身につけただけなのだけれど。

どう使えばよいものかわからないけど、なんか手帳持つのにちょっと憧れた結果です。

 

ちなみに、ほぼ日手帳をどう使っているか画像を上げようとしました。

でも全然、素敵じゃない。
やめました。人に見せるものでもなし。


 

朝起きたらマーガリンを必死に食べる。

日記

どうも、こんにちは。シノサキです。
実は2日ぶりということは触れるべきだろうか。(いや、触れるべきでない。)
ほぼ日更新でやっております、はい。

 

朝食はご飯派ですか。パン派ですか。
むしろ食べない、または食べたくても起きられない派ですか。

僕は断然起きられない派ですが、優雅なブレックファストタイムを満喫したいので、可能な限りは、余裕をもって朝起きようと努力しています。
やっぱり、時間ぎりぎりに起きてばたばたと準備をして朝食を食べずに家を出るよりも、30分ほどでも早く起きて何かしら朝ごはんを食べたほうが、一日を有意義に過ごしている気持ちになれます。

 

僕は決して寝起きが悪いわけではなく、単純にロングスリーパーかつ睡眠欲旺盛なだけで。十分な睡眠が取れれば、わりとすっきり目覚めます。普通か。

しかし、ちょっと睡眠時間が足りないとなかなか起きられません。布団と同化してしまって、なかなか起き上がれません。
でも、気合いを入れて一度起き上がってしまえば以外にもぱっちり目が開いたり。

 

適正な睡眠時間は、絶対に人によって違うと思います。

忙しくてもう睡眠不足がひどいという人もいるでしょうし、ついつい夜更かしして朝眠いという人もいるでしょうし。それは人それぞれ。何が悪いとか良いとかはないし、身体のつくりも人によって違うし。

僕の場合は幸い、睡眠時間が足りない時もあるけど、それが長期化しなければ大丈夫くらいな環境と身体です。
でも基本的にはよく寝たいし、睡眠欲がなかなかのもので。
朝は余裕を持って起きようとは思っているものの、目覚ましのスヌーズと格闘する日々です。

 

スマホの目覚ましを15分おきにかけて、さらにスヌーズが鳴るので、5分おきくらいにアラームが鳴るのですが。
その隙間に何度もうつろうつろと、眠りと覚醒を繰り返します。一度二度くらいでしっかり起きることは少なくて、たいがい30分はスヌーズとの格闘を続けます。

その30分はまともな睡眠とは言えないので、頑張って一発で起きたほうが最終的には気分は良いはず。起きてしまえば、たぶんあんまり変わりありません。

寝ぼけ頭では、そのへんはあまり理解できないから困りものですが。

 

朝はそこが問題です。

どうせ起きないなら、30分遅くアラームかけたほうがいいような。
30分スヌーズと格闘するなら、最初から気合いを入れて起きればいいような。

そんなジレンマに苛まれます。

 

かくして、なんとか朝食をとるくらいの時間を得ようと努力しています。
朝ごはんを食べて、気持ちよく一日をスタートさせるのがベストです。

 

朝食といえばやっぱりご飯。どちらかというと。
実家がほぼ米食文化だったので、その影響もあります。

ごくごくまれに行く可能性がないでもない旅行なんかで食べるような、旅館の美味しそうな朝食ならもう、ご飯3杯くらい食べたい。朝からがっつりいきたい人です。
朝は食欲が…みたいなことはないですね。

米も好きですが、パンも美味しくて。こっちも好きです。

ご飯よりもお手軽に食べられるので、時間のない朝にはやはり強いと思うのです。
ふりかけご飯、鮭フレークご飯などはかなり簡単ですが、なんか物足りない。
でも、ジャムなんかを塗ったトーストなら物足りなくない。

同じくらいの手間なのに、パンのほうがそれ単品でも十分な気になります。気のせいですか。

そんなわけで、朝食は3/5日くらいがパン。2/5日くらいがご飯。だいたいですが。
そもそも必ずしも起きられるわけではないので、実際はもう少し違いますけれども、ご飯かパンかは、それくらいの割合です。

 

一度の朝食に6枚切の食パンを、1枚か2枚。
以前は2枚が普通だったのですが、もしかして食べすぎかと思うようになって、1枚という選択肢ができました。でも、1枚だと物足りないので、だいたい2枚食べてしまいます。

冷凍で常備している食パンを2枚、トースター機能つきのレンジに入れ、焼いているうちにコーヒーを淹れたり、インスタントのスープにお湯を注いだり。
焼きあがったパンは、1枚は軽めのマーガリン、もう1枚は普通量マーガリン+シナモンシュガーで食べることが多いです。
きっとそこそこのカロリーなのだろうなぁと思いつつ。

そんな朝ごパンなのです。

 

「マーガリン」はパンを食べる時のマストアイテムなわけですが。
むしろパン以外に使いません。
先日マーガリンを使い切ったので、新しく買うことに。

 

いつもは、「バター仕立てのマーガリン」(は雪印のやつ)みたいなのを買っていました。

マーガリンよりバターのほうが美味しいなぁとは思っていますが、コスパ・使いやすさなどを考慮した結果、やはりバターではなくマーガリンのほうがお手軽なので、気持ちバター風味も取り入れられたマーガリンをチョイスすることになります。

しかし、その時に行った店にはお目当てのバター感あるマーガリンはなく。
選択の余地がなく、有名ではありますが、パンにはやっぱり…の「ネオソフト」を買うことになりました。やむをえず。

ネオソフト」は、正確に言えばマーガリンではなく、ファットスプレッドですが。
健康マニアでもないし、別段ダイエッターでもないのでそのあたりはあまり気にしていません。トランス脂肪酸とか、そういうことはここでは放っといて。

「バター」、代用かつ使いやすい「マーガリン」、似て非なる「ファットスプレッド」。にしても広義的にはファットスプレッドもマーガリンの一種だという認識です。

 

なぜバター風味マーガリンを選んでいたか、というのにはまだ理由がありまして。

ネオソフトは大きすぎる。
300gでかすぎる。

一人暮らしで、毎日朝食をとるわけでもなく、毎日パン食べるわけでもなく。使い切るのは、なかなかに大変です。
ついでにヤツは増量していることも多くて、ちょうど320gに当たりました。嬉しくない。

製品としては小さいサイズも売っているらしいけれど、どうも近くのスーパーでは見たことがないのです。
マーガリンの売り場で、食べたい商品・値段・内容量を吟味して、最終的に、少な目のバター仕立てマーガリン、というところに落ち着きます。

 

しょうがなく買ったネオソフトですが、果たして大きすぎて。

これはいつになれば使い切るのでしょうか。

いつもの量で1枚につき5g。バターナイフの先にのせたくらい。
一度の食事で2枚食べるので一日につき10gとして、週3でパンを食べたら、320gを使い切るためには、10.6週間=2.47ヶ月ほど。
計算上は約2ヶ月半ですが、実際のところ、パンを食べる頻度は少ないので、おそらく3ヶ月以上かかることでしょう。

 

ところで、マーガリンの賞味期限ってご存知ですか。
賞味期限というか食べきる目安ですが、開封後1ヶ月らしいです。

いつも僕は、開封後2ヶ月くらいはマーガリンを使っています。使い切れないから。
(調味料とか開封日を必ず書いておくシノサキです。)
2ヶ月過ぎたら、いちおう注意。丁寧に使っていれば、もう少しは大丈夫みたいです、経験上。
とはいえ、品質・味などがきっと大丈夫だとメーカーが言っているのは1ヶ月なので、そのへんは自己責任です。品質は問題ないそうですが、黄色くなってくるし。

ちなみに、マーガリンと比べてファットスプレッドは水分が多いため、カビやすいのだそうです。
そのため、ファットスプレッドは2週間は普通なら大丈夫ですよ、と。
2週間以降は知らん、と。

 

そんなハイペースでマーガリンの類を消費するのは不可能です。
家族いて毎日パンならなくなるかもしれませんけれど。一人暮らしですので。

しかし、ダメにして捨てるのはもったいない。けれど、ご飯も食べたいので毎日パンにする気はないです。

そんなわけで、マーガリンは必死に食べなければなりません。
マーガリンのために朝も頑張って起きなければなりません。
使い切るが先か、カビが生えるが先か。それとも、もうそろそろ怖いからやむなく捨てることになるか。

 カロリーや健康を気にしなければ、どっぷりつければ1ケ月で使い終わりますが。

週3食べるとして、1ケ月で320gを使い切るには、一度に26.6g。パン1枚につき13g。
マーガリン13gって、大匙1くらいだそうです。
やりませんけどね。実際は。

 

f:id:shinosaki:20161107194302j:plain

それはもう、必死ですとも。