シノサキ、その先

シノサキの日記のようなもの。

【フリーランス】1ヶ月目の感想。きっちりじゃなくても時間管理は必要!

どうも。シノサキです。

9月に入ったら急に涼しくなって、もう夏も終わりだなぁ……なんてちょっと寂しい気持ちになっていました。まぁ、夏だからといって何をしたわけでもありませんけれど。

 

9月になったということは、僕にとってはフリーランス2ヶ月目に突入したということです。

8月1日に表明をして、はや1ヶ月と少々。早いものですね。あっというまに1ヶ月経ってしまって驚きです。

 

当初は、これを機にもう少し頻繁にブログを更新していこうと思っていました。でも気づいたら9月入っていました。

 

小学校の頃の8月って、もっともっとヘビーだった気がするのに。あっというまには違いないのだけれど、ぎっしりと中身があって、振り返ると色々あったなぁという感じ。

 

でも今となっては、8月はただ暑い1ヶ月という程度で。悲しきかな。

 

前回も書いたと思いますが、フリーランスになったとはいえ、フリーに色々な仕事をやっているわけではなくて単なる業務委託契約です。もともとやっていた会社でそのまま働かせてもらっているので、大した代わり映えはありませんでした。

 

会議や打ち合わせのときだけオフィスに出向きますが、基本は在宅。夢の(?)在宅ワーカーであります。

 

1ヶ月間、在宅メインで働いてみたところ、

 

時間管理をしっかりしないとやばい。

 

と感じました。当たり前のことですが、仕事ですから。

 

でも時間で仕事しているわけではないし、家で仕事をしているわけです。余計なことを考えなくて済む点は、とても良い環境だと感じます。電話をとる必要もないし、ライティングに集中するためにイヤホンで耳をふさぐこともない。

 

しかし、やっぱり「自宅」なんですよね。仕事とプライベートを分ける気がないと平気で混じってしまいそうです。(実際、明らかに混じっているシーンがありました。)

 

まぁ集中しはじめるともう時間忘れて色々やってしまうタイプなので、やり始めれば比較的よいのですが。どちらかというと、始めるまでがどうにも長い。あと睡眠欲がすごい。

 

朝、支度をして家を出て、という必要がないので、もう生活と仕事が地続きなんですよね。ぱっと頭の切り替えができれば良いのですが、そんなに仕事好きではないです。

 

締め切りが遠いと気が抜けてしまうこともしばしば。そして、追い詰められて本気出して徹夜したりなんぞして過ごした1ヶ月でした。働いた時間的には、いつもと大して変わらないような気がします。(多少、自主休講的な夏休みはいただきましたけど。)

 

カツカツにスケジュール決めてやろうというつもりはないのですが、しっかり着実にやっていきたいですね。フリーランスで仕事するうえで時間管理が大切なことは、よくよう身にしみてわかりました。

 

自分で言うのもなんですが、僕は全然意識高くありません。

 

時間管理、生産性、効率、みたいな言葉があまり好きではありません。フリーランスなら、仕事が遅いも早いも、働く休むも自分しだいです。お金を稼ぐ以外のやりたいこともやっていくためにフリーランスになったわけですし。

 

仕事であるからには、中身はしっかりやっているつもりです。しかし、それでだらけてしまうと、自分の身のほうが持たなくなってきそうですね。自律しながら仕事したほうが、絶対に気持ちよく働ける。

 

せめてどれくらい仕事したかはしっかり把握すべきだと思うので、早々に労働時間を記録するアプリを導入しました。

『Timesheet』というアプリ。iCloudカレンダーと同期できるので、PCでもある程度使えます。個人的には使い勝手が良い。ユーザーインターフェースも良い、と思う。

 

あ、別に紹介したいというわけではないです。こんなの使ったほうがよい気がしました、という話です。

 

きっちりではなくとも、ある程度時間決めてやっていきたいものですね。

サボりは、ダメ、ゼッタイ。(ただのニートになりかねないので……)

 

【フリーランス始めました】昨日今日までフリーターだった人間がフリーを目指す話

どうも。シノサキです。


今日も暑いですね。決して嫌いではないのですが、新陳代謝がとても良いので発汗量がすごいタイプです。できればクーラーの効いたお家で過ごしたいです。

 

今日のお話は、表題のとおり。僕はフリーランスを始めました。

 

フリーランス」と一口に言っても、いろいろですよね。バリバリ稼いでいる人もいれば、“自称”フリーランスの人もいるでしょう。僕は圧倒的に後者寄りです。そろそろいけるだろうと独立する人もいるでしょうけれど、僕はそんなすごい人でもありません。

 

でも、フリーランスと名乗った瞬間から、それはもうフリーランスなんじゃないかと思います。

 

今の僕は個人事業主に分類されます。フリーターでもなければニートでもありません、決して。だから、フリーランス。(稼げているかはまた別です。)

 

これは宣言的なものでもあります。

 

あわよくばフリーターではなくフリーランスに、と思っていると良くないですから。ちゃんと自力でお金を生めるように頑張ってみたいのです。

 

フリーランスという働き方には、とても憧れます。そして、そんな甘くないだろうというのもわかります。なんとか、儲けなくても、生きていけるだけ稼げるようになりたいです(今でもうまくやりくりすれば、なんとか生活できそうですが)。

 

しかしよく考えると、あまり恐ることはないんじゃないかと思いました。家族がいるわけでもなく、そもそものステータスもありせん。最近までフリーターだったんですから。

 

僕は去年の11月まで、ただの居酒屋アルバイターでした。

 

音楽文章を書くことが好きで、なんとなくそのような仕事をしたいと思いつつ、特に何もできずにいました。良くない若者です。

 

多少はまともなキャリアに向かうため、12月にバイトを変え、アルバイトのwebライターになりました。するとシノサキがライターを始めたということで、縁がありweb編集者の知人がいる会社に入れてもらえました。それが今年の3月。

 

大変運がよいことに、試験や大した面接もないまま、社員登用も見据えた業務委託で働かせてもらいました。試用期間代わりの3ヶ月は、雇用は業務委託ですが社員と同じシステムで働き、5月末には、晴れて契約社員という免許皆伝をいただきました。

 

職場では良くしてもらいましたし、ライターというのも気持ち半分くらいは目指していたので、かなーり良い話です。できすぎています。

 

しかしながら、いかんせんぬるっと入ってしまったこともあり、あまり会社員としてやっていく覚悟はありませんでした。

 

いったん保留にしてもらい、6月はまた業務委託で社員風に働きました。しかし、やはりその会社の一部として働いていくことに踏ん切りはつきませんでした。

 

音楽の夢もまだまだ捨てきれていないという理由もあります。本当にまだ何もできていません。少なくとも社員風に働いているなかでは、他のことを頑張る余裕があまりありませんでした。

 

時間的なところを言い訳にしたくなる、良くない若者です。しかし、働くなかでは気持ち的にも余裕はありませんでした。

 

もっともっと、その仕事を頑張らなきゃいけないような気分になります。それで音楽をやろうとしても、会社を言い訳にしてしまうのがオチ。

 

だったらすべてを自分のせいにしてしまおう、と。

頑張れない言い訳も、頑張る目的も自分に押しつけるために。

 

そこで、今までくらいの業務量はこなすので、賃金は減っても他の部分を自由にしてもらうことにしました。

 

出社義務であったり、会社員としての諸々の雑務(半ば新卒扱いなのでそればりに多い)であたったり、そういうのはあまりやりませんと。

 

7月中にそれを相談し、晴れて8月から本格的にフリーランスになったわけです。

 

リアルなお金の話をしますと。


もともとけっこう良い条件で入れてもらったので、月20万(税抜)の委託料をいただいていました。
それが、基本月18.5万(税抜)になりました。もっとたくさん仕事こなせば上乗せしてくれるそう。(今が仕事遅いので、速くなればもう少し稼げるということですね。)

 

単純に原稿料ではなく業務委託料として、執筆やら編集やら諸々の業務をやるので一概に計算はできませんが、今まで程度の仕事をこなせばそれくらいは保証してくれるんだとか。

 

18.5万あれば、たぶんなんとか生活できるような気がします。ただし、去年は居酒屋アルバイターでゴリゴリ稼いでいたので、国民健康保険や住民税が高いというのがネック……。

 

いや、ベンチャーありがたいですね。web業界ということもあり、そんな働き方にも寛容です。頑張れる。

 

そんなこんなで。およそ半年で、フリーターから会社員(仮)を経てフリーランスなりました。本当に、昨日今日の話。

 

フリーランスで上手くやっていくのもそんな甘くないとは思いますが、ただフリーターを続けたり、やきもきしながら身の入らない会社員をしたりするより、こっちのほうが向いてると思うので。

 

なんか、頑張りますよ。僕は。